LIFE HACK STATION

DIYで作ったものとかいろいろ

100均DIY セリア 収納

セリアのフックを使ったDIY

投稿日:2017-01-29 更新日:

セリアのフックを使って、こちらの壁にカバンや服をかけれらるようにしてみたいと思います。

1×4とセリアのフック

今回使用するものは、1×4材とセリアのフックです。

1×4材はホームセンターで手に入ります。

木材にダメージを与える

まず1×4にダメージを付けていきます。

わざと傷や凹みを付けることで、使い古された木材のようにします。

特に角を叩いてダメージを与えてやると、リアルな感じになります。

ニスで着色する

ダイソーのニスを3色混ぜて着色します。

混ぜる理由は、濃い色のウォールナットは良く使いますが、試しに買ったメープルやチークといった明るいニスをほとんど使っていなくて、
捨てるのももったいないし、混ぜたらおもしろいかもって思ったからですw

怪しげな色になってますねw

まぁ塗るとまた変わってきますから。

刷毛でたっぷり素早く塗っていきます。

1面塗ったらすぐに布で拭き取ります。時間を置く必要はありません。

1回塗って拭き取るだけで、しっかり着色されます。

拭き取ると言うよりは、ニスを木材に染み込ませるようにゴシゴシやる感じですかね。

ステンシルで文字を入れ

1時間ほどして乾いたら、ステンシルしていきます♪

ステンシル作業は楽しいですが、綺麗に仕上げるにはコツがいります。

塗料を少量筆に取って、新聞紙に余計な塗料を落とします。

筆についた塗料が多いと、ステンシルシートと木材の間に塗料が入り込み、にじんでしまいます。

ベタッと塗るのではなく、ポンポンと軽く叩く感じです。

ステンシル終了!また1時間程置いて乾かします。

完全に乾いたら、ステンシルシートを剥がします。剥がす時も慎重に。

おぉ!なかなかイイ感じじゃないですか?にじみもなく、はじめてこんなにうまくいったかもです!うれしー☆彡

フックを取り付ける

フックを付けていきます。まず電動ドライバーで下穴を開けます。

ねじで固定します。フックの位置はアバウトですw

同じように3つ取り付けたら完成です!

後は壁に取り付けるだけです。

壁に取り付ける

壁に取り付ける用のアナを開けます。

画像にはありませんが、水準器で水平を出しながら壁に取り付けていきます。壁にも下穴を開けてます。

取り付け完了!

どうですか?かなり男前に仕上がったと思います。

何が嬉しいかって、ステンシルが上手くいった事です(*´∀`)

偉そうにステンシルのコツなんて書いてましたが、実は今まで失敗ばかりでした(/_;)

今回はうまいやり方が何となくわかって上手くいったので^^;

今回使用したツール

ステンシルシート

文字が切り抜いてあるので、わざわざ自分でシートを作る手間が省けます。

ブラックアンドデッカー マルチツール

ヘッドを交換していろいろできる万能の電動ツールです。これ1つあれば、DIYのほとんどの作業ができちゃいます。私はアマゾンで買いました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-100均DIY, セリア, 収納
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リメイクシート木目でお家丸ごとリフォームしてみた

今回は100均のリメイクシートの中でも特に使える木目のリメイクシートを使って色んな家具をアレンジしました。 目次1 リメイクシートとは?2 リメイクシートの使用例2.1 扉に2.2 ダンボール2.3 …

セリアのカッティングボードを使ったおしゃれなツールボックスの作り方

こんにちは! 今回のDIYはセリアの木箱と木材でツールボックスを作ります。 目次1 用意する材料2 組み立て3 色を塗る4 ステンシルで差をつけよう5 DIYするなら絶対おすすめの電動工具 用意する材 …

セリアの水性ニスで足場板を再現

セリアの水性ニスで足場板を再現します。 使用する板はSPF材の1×4です。 使用するニスの色はメープルを選んでみました。 ハケで素早く塗ります。 量は多めに塗ります。 塗ったらすぐに布で拭き取ります。 …

セリア、ダイソーとホームセンターの塗料の違いは?比較してみた

最近はセリアやダイソーで買える塗料の種類が増えましたね。 一方、ホームセンターに行けば様々な種類の塗料があります。 そこで今回は実際に塗ってみて、どのような違いがあるか比較してみました。 それぞれ塗料 …

ペッドボトルのキャップで作るオリジナルマグネット

ペッドボトルのキャップってどうしてますか? 普通はポイッて捨てちゃうと思いますが、今回はこれを使ってオリジナルのマグネットを作ります。


DIY・iPhone・カメラ・電動工具関連の記事を書いています。