*

MacBook Pro mid2015 15インチ上位モデルを選んだ理由

公開日: : 最終更新日:2017/03/05 Mac

念願だったMacBook Pro、ついに手に入れました!

今回は私がMacBook Pro mid2015上位モデル(MJLT2J/A)の購入に至った経緯を語るので、Macの購入をお考えの方は参考にしてみてください。

パソコンを買い換えた訳

このブログのほとんどの記事はiPhoneで書いています。当初パソコンを使ってましたが、あまりの処理の遅さにイライラ。

それまで使っていたパソコンは09年製VAIO Windows vista。立ち上げてまともに操作できるまで10分以上かかることも。。

それでも何とかごまかしながら使ってましたが、vistaのサポートが今年の4月で終わるということなので、閉店ガラガラ〜。

旧型MacBook Proにした経緯

いざ新しいパソコンを買うとなると、色々と考えなければいけません。まず、パソコンを買うにあたっての条件として

  • 主に動画や画像編集、ブログに使いたい
  • メインマシン
  • Retinaである
  • 外に持ち出す事はほとんどない
  • できれば価格は抑えたい

WindowsかMacか

まず、Windows機はスルー。
iPhone、iPadと使ってきた自分にとって、メインとなるパソコンはMac以外考えられないでしょ。

デスクトップ(iMac5K)かノートか

動画編集をやるならiMac5Kも大変魅力的です。店頭であの吸い込まれるようなディスプレイを見ると欲しくなっちゃいます。後スペックの割に安いですよね。スペック上位のモデルも¥228,800 (税別)〜とコスパは最強だと思います。

しかしデスクトップなので作業場所を1箇所に固定しないとダメですよね。現状我が家では訳あって作業場所を固定できません。外に持ち出すことはないですが、家の中でパソコンを持って移動することがあるので、ん〜残念ながらデスクトップのiMacは候補から外れます。

AirかProか

現行MacBook Airは¥98,800 (税別)〜と大分お安くなってますが、

  • Retinaでない
  • スペック的に重たい作業には非力

なのでAirも除外。Web閲覧、メール、文章作成が主な使用な方向けですね。

おのずと候補はMacBook Proに。

13インチか15インチか

当初はRetina搭載で価格も安い13インチのカスタマイズを考えていましたが、

  • 高スペックにカスタマイズすると、価格が跳ね上がる
  • カスタマイズしてもグラフィクボードはつかない
  • 動画編集するにはディスプレイがやや小さい

という理由から13インチモデルは脱落。結局カスタマイズしていくと15インチが買えちゃうくらいの価格になるんですよね。だったらカスタマイズせずとも高スペックの15インチの方が、ディスプレイも大きいしいいですよね。

新型か旧型か

次に考えることは新型MacBook Pro。タッチバーと新色のスペースグレーはカッコイイですね。しかし〜!端子がUSB-Cオンリーなのはいただけない!これから普及していくんだろうけど、まだ早い。Appleの新しい規格を積極的に導入する姿勢には賛同しますが、SDカードスロットまで無くすことは。高価なアダプター類も買わなければならないことを考えると、予算オーバーです。

それに液晶の不具合も報告されてるようだし、やはり新しいものは色々と不具合が出やすいもんです。そこに投資する勇気はありません。逆に言うと旧型の2015モデルが、現在最も完成されたMacだということです。スペック的な違いもほとんどありません。

標準モデルと上位モデル

2015モデルには標準モデルと上位モデルの2種類があります。一番の違いはグラフィクボードの有無です。上位モデルには独自のグラフィクボード、AMD Radeon R9 M370Xが搭載されています。

動画編集をやっていくならグラフィクボードがあった方がいいですよね。

どこで買うか

Appleのサイトは2015モデルは標準モデルしかありません。つまり上位モデルを手に入れるには、

  • 他のストアで買う
  • ヤフオクやメルカリで中古を買う
  • 実店舗で買う

以上の3つの方法があります。価格コムで上位モデルを扱っているストアを調べてサイトを見ると、どこもチープな印象で、大丈夫かな?という感じです。Appleのストア以外で買うのはなんか不安です。高価な買い物なので。

ヤフオクやメルカリで中古を購入することも考えましたが、久しぶりのメインのパソコンを中古で買うのも違うかなと。

そうこう迷っている時に、ふらっと寄った家電屋さんに、ありました。しかも安い!

即断即決で買いました!だって価格コムの最低価格よりも安いんだから。

普通の家電屋さんで安く買えるわけないと勝手に決め付けてました。

まとめ

いかがでしたか。以上が購入に至った経緯です。色々と迷いましたが、その迷っている時が楽しくもあるんですよね。

これからこのMacBook Proでブログも動画もバリバリやっていこうと思います。あ、あとDIYの方もね。

ちなみにこの記事はMacBook Proで書きました!今までiPhoneだと長文はきつかったので、薄っぺらい記事が多かったですが、これからはMacBook Proで内容の濃い記事を書いていきたいですね。

スポンサードリンク

関連記事

アップルケアは必要ない!MacBook Proのおすすめアクセサリー類

MacBook Proやその他のアップル製品を買うときに一度は、アップルケアって必要?って迷った事な

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

ソニーRX100M5を価格コムの最安値よりもさらに安く手に入れることができた

ソニーのカメラ、RX100M5買いました。 割安で手に入った経緯と簡

ラブリコで棚を作ってみた

ラブリコという便利アイテムご存知ですか? 2×4という木材に

100均の木目調リメイクシートを使ったリメイク術

今回は100均のリメイクシートの中でも特に使える木目のリメイクシート

ダイソーのアクリルスプレーは色んな物に使えて超便利

ダイソーのアクリルスプレーご存知ですか? これが中々優秀なスプレー

【100均DIY】セリアのカッティングボードでツールボックス作製

100均で手に入る木材と木箱でツールボックスを作ります。 記事を

→もっと見る

PAGE TOP ↑