LIFE HACK STATION

DIYで作ったものとかいろいろ

クルマ

エンジンプラグを交換する方法

投稿日:2015-02-18 更新日:

image
愛車が車検月だったので、エアフィルターとエンジンプラグを自分で交換してみました。


まず、作業を始める前にエンジンは切っておきましょう。

エンジンプラグの交換

ボンネットを開けて、エンジンカバーを外します。
image

image

丸で囲った部品はエンジンカバーを固定していた物です。6mmのレンチで外します。
image

イグニッションコイルを固定しているナットは8mmです。8mmのロングソケットで外します。
image

カプラも外します。
image

ナットと、プラグを外したらイグニッションコイルを引き抜きます。
image

image

プラグが見える状態になったので、プラグソケットを使ってプラグを外します。
image

プラグを外しました。9万キロお疲れ様でした。
image
image

新しいプラグをつけます。デンソー製です。これにした理由はアマゾンで最も安かったからです。
image

外した時とは逆の手順で取り付けていきます。
image
image
カプラはカチッとするまではめましょう。
image

エアフィルターの交換

番号の順に部品を外していきます。
image

ツメをかわして持ち上げます。
image

image

エレメントケースは4箇所のクリップで固定されています。写真の左上の部分のクリップはホースに隠れています。カプラも外しておきましょう。
image

フィルターケースは完全に取り外す必要はありません。少し力がいりますが、ぐっと上に引き上げてできた隙間からフィルターを引き抜きます。
image
image

かなり汚れています。
image

新品に交換します。BLITZのやつです。
image

青が綺麗でかっこいいエレメントです。
image

エレメントケースを引き上げて、隙間に押し込みます。
image

配線が引っかかるので、うまくかわしてエレメントケースを元通りにします。
image

バッテリーカバーを取り付けるときは、奥にツメがあるので注意しながら取り付けます。
image
バッテリーカバーがうまくはまっていないと、隙間ができてしまいます。
image

後は元通りにエンジンカバーを取り付けて終了です。
エンジンをかける前に、もう一度取り外したナットやカプラがきちんと付いているか確認しましょう。

そこまで難しい作業ではありません。作業時間はゆっくりやって1時間くらいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-クルマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ネットの激安タイヤってどうなの?実際に試してみた

タイヤを交換したいけど、古い車なので、あまりお金は掛けたくない。 そんな時タイヤはどこで買えば安く手に入るのでしょう? 私の場合はオートウェイというカー用品を扱うネットショップで買いました。 注文した …

車のヘッドライトがすぐ切れる意外な原因

車のヘッドライトが切れてお困りではありませんか? 基本的にはバルブ(電球)を新品に交換すればいいのですが、原因がバルブ以外の場合があります。 私のケースをお話しします。 最近車のヘッドライトがよく切れ …